カードローン 審査

銀行のカードローン

銀行カードローン

最近は、銀行でお金を借りるにしても非常に早い利用が実現します。

 

かねてから銀行の融資は、審査に慎重で時間のかかるものでした。

 

ですが、最近は消費者金融業者のような即日中に融資が実現するローンも銀行にはありますので、審査も数時間程度で終えられるようになっています。

 

つまり、銀行のローンも最近は最短即日に利用出来るという事ですが、この場合の銀行ローンは使途自由な融資商品となる、使い道自由なカードローンタイプの融資商品となります。

 

 

例えば、銀行のカードローンの中には金利「4.6%〜14.6%」最高融資額「500万円」というローンもあります。

 

このローンの場合は、銀行のカードローンですが、銀行の口座を必要としないローンとなります。

 

もちろん、利用は最短即日に実現し、急ぎの場合でも十分に対応できる銀行ローンです。

 

また場合によっては銀行にテレビ窓口を設けているところもあるので、それを利用する事により申込みから数十分程度でカードが発行されますから、利用に際しても1時間あれば実現します。

 

 

中にはネットを利用して申込む事により、銀行融資でありながら審査が30分で済む銀行ローンもあるので、特に急いでいる場合の要り用には、何も金利の高めな消費者金融業者での借入をしなくとも銀行ローンが大いに役立ってくれる事となります。

 

しかもこうした銀行ローンは、若干他の銀行ローン商品よりも金利が高めですが、利用手数料等もかからずに利用出来るので、そうした部分でも非常に便利に利用できます。

 

借入の際にも、返済の際にもカードローンを提供する銀行のローンはATMの時間外手数料もかかりませんし、この銀行の提携するコンビニATMの利用手数料もかかりません。

 

最近では、この要に銀行ローンも非常に便利で、利便性の高いローンとなっていますので、急ぎでの要り用の際や急なピンチには金利が低く利用出来る銀行ローンもお勧めです。

 

銀行ローンは金利の部分もカードローンの場合は平均して「15.0%以内に収められている」ので「急ぎの要り用=消費者金融業者」だけでなく、銀行ローンも検討すべきかと思います。

 


銀行ローンの種類

銀行のローンには、色々なローンがあります。

 

例えば、使い道が限定される住宅ローンをはじめ、教育ローンやマイカーローン、トラベルローン等があります。

 

こうした目的を持つローンを銀行から借りる場合は申込みを行い、審査を受けて契約書を交わし利用するという仕組みです。

 

こうした目的を持つローンは各銀行によってローンに伴う条件は異なりますが、目的を持たないローンより金利は低いと考えられるローンです。

 

 

この他、銀行ローンには、使い道自由なローンとなるフリーローンやカードローンと呼ばれるものもあります。

 

このカードローンとは、ローンへ申込み審査を経てローンの利用が実現すると、あらかじめ審査の際に利用限度額が設定されるので、その限度額の範囲内なら何度でも自由に出し入れできる(借入)融資商品となります。

 

もちろん目的を持たないローンなので、使い道は自由で、自分の希望にあったスタンスで利用できます。

 

借り方も非常に便利でキャッシュカードを用いて借入、返済可能なので、要は自分の銀行カードを利用するような感じで借入出来る非常に最近人気のローンとなります。

 

ただし、このローンは目的を持つローンよりも金利が高いのが特徴で、他融資業者と比較すると金利は低めですが、銀行のローンの中でも一番金利の高いローンとなります。

 

 

このように銀行のローンには、住宅ローンのような融資額が非常に大きく新築や増築、リフォームなどに利用出来るローンもありますし、旅行等に出かける費用として借りられるトラベルローン等もありますので、利用に際しては金利の低い銀行ローンは非常にお勧めです。

 

ただし、銀行によってローンに伴う条件や内容は異なるので、融資額が大きなローンの利用を検討する場合は、やはり各銀行のローンをよく比較し見比べ選択する事が大切です。

 

銀行の金利は低いとはいえ、すべてのローンに言える事ではありませんので「銀行=金利が低い」と決め付けず、各銀行ローンをよく確認し利用は検討しなくてはいけません。

 

カードローンの審査について:別サイトへ飛びます。